NEWS

2019/07/25
夏季休暇中のライセンス発行についてのお知らせ

誠に勝手ながら以下の期間、ライセンス発行業務を行っておりません。

2019/08/10(土)~2019/08/18(日)

ご了承くださいますようお願いいたします。
2018/ 3/ 1
新機種 BT-W300/W200シリーズに対応しました。
2014/12/14
BT5250エミュレータ for BT-W Seriesをリリースしました。
2011/11/ 1
BT5250バージョン情報を公開致しました。
BT5250キーエンスハンディターミナル用
IBM i エミュレータソフト

BT5250は、Telnet5250を使用したIBM i(AS/400)用のエミュレータです。
PCサーバー、言語などの開発スキルも不要なので、システム構築費用が大幅削減できます。

  • Point 1PCサーバー不要!

    ハンディターミナルは、無線LANアクセスポイントを経由してIBM i(AS/400)に直接接続するため、PCサーバーは一切不要。
    ハンディターミナル本体のゲートウェイを設定すれば、ルーター(TCP/IP接続対応ルーター)を超えてIBM i(AS/400)に接続も可能です。

    エミュレータによっては、サーバー側とハンディ側、両方のライセンスが必要になることがありますが、BT5250はハンディライセンスのみでOKです。

    Point 1 PCサーバー不要!
  • Point 2C言語など開発スキル不要!

    業務アプリケーションはIBM i(AS/400)にて開発するため、C言語などの開発スキルは必要ありません。RPGのみで開発可能なので、購入したその日からご使用可能で.す。

    Point 2 C言語など開発スキル不要!
  • Point 3メンテナンスが簡単!

    業務アプリケーションはIBM i(AS/400)上にあるため、修正時にハンディターミナルのプログラムを入れ替える必要がありません。
    ※ ハンディターミナルへソフトウェアや設定ファイルの導入時にはPCを使用します。

BT5250エミュレータのシステム構成例

複数拠点 多台数で運用可能です。

ルータを超えて接続可能 複数拠点で本部のIBMi(AS/400)に接続するような構成でも使用できます

BT5250エミュレータの画面表示例

PCのすべての画面情報をハンディに表示します。(80桁×24行に対応)
(十字キーによりスクロールさせればすべての画面が閲覧可能です。)
実際には、ハンディの画面サイズに合わせてIBM i(AS/400)側で画面を作成し、描写開始位置を指定して表示させます。